雪囲い解体

お手次寺を再確認

我が家の「お手次寺」はお隣の加賀市の中心地「大聖寺」
という嘗ての前田加賀藩のお城が築かれていた城下町
にありますが、自身が意識的に訪れたのは一昨年暮れに
逝去した義母のお骨納めが最初でした。
真宗大谷派の「願成寺」というお寺です。
自身が住む町内は約300世帯ですが願成寺門徒は現在
22戸で、昨年暮れに世話役を引き受けざるを得ない状況
となり、今日は初仕事の雪囲い解体作業に出向きました。

どんな作業かなぁとバカチョンカメラを持参。
先ずはお寺の入口(と言ってもこの門からは入れない!)。
IMG_1642_convert_20170325182442.jpg

なので迂回して境内の中から門を撮ってみた。
IMG_1647_convert_20170325182504.jpg


IMG_1646_convert_20170325182524.jpg

IMG_1650_convert_20170325182541.jpg

IMG_1651_convert_20170325182600.jpg
立派な彫刻に驚いた。

IMG_1649_convert_20170325182620.jpg
門扉に彫刻された「抱き茗荷」の家紋。
欅(たぶん?)の木目がいい感じ!
県内の城下町に寺社は凄く多いようだがお手次寺の立派さに
改めて驚いた。

さて、雪囲い解体作業とはどんなものか・・・。
IMG_1640_convert_20170325182637.jpg

IMG_1643_convert_20170325182700.jpg

IMG_1641_convert_20170325182805.jpg
冬の荒天から保護するための囲いですがかなり大がかり。

勿論、写真を撮っただけでなく板塀や柱等を所定の場所に
運んだりする作業等等には積極的に参加しましたよ。

お昼近くには作業もほぼ終了。
改めて大きなお寺だと実感しました。
IMG_1654_convert_20170325182826.jpg

ちなみに参道左側の板塀には「親鸞聖人七百五十回御縁忌の
本堂瓦御修復」のために志納された方々の氏名が並んでおり
当家の名札も確認できました。

自給約千円の謝礼とお昼ご飯を頂戴し帰宅。(心内で合掌。)

午後の遊びでは御仏のお導き?が少しあったよう・・・。

スポンサーサイト

大鯛釣れた?


ダブルぺリアで大はまり!!


21日(火)、高校時代のクラスメイト4人でラウンドの予定
だったゴルフ。

しかし、何日か前からの天気予報どおりで早朝から春の雨。
結局2人がキャンセルの為、いつもの2人に1人で来場の
Kさんという方が急遽加わって3人でのラウンドとなった。

頭脳と腕の悪さに加え、終始の雨で上下レインウエアーの
動きにくさがマイナスの相乗効果を生み、もう一打で百八の
煩悩を満たす結果に終わった。

ただ、ラウンド前に千円の参加費で「本間ゴルフ杯」に参加
できるというのでとにかく参加していた。

ラウンド後、首筋まで雨が滴って冷たくなった体を風呂で
温めて料金清算していると友人が未だ半数以上プレー
を終えていない段階ながら現時点で君が2位とモニター
画面に流れているという。

途中だからとそれほど期待せず帰宅したが夕方になって
ゴルフ場から2位決定との電話。  ホンマかいな!

今日は朝から好天となったが海の向こうアメリカでは雨の中
「侍ジャパン」の皆が頑張っている試合をTV観戦。
惜しくも準決勝敗退で終わったが素晴らしい試合を何試合も
続けて野球の魅力を堪能させてくれた。 
何度も手が痛くなるほど拍手させてくれた。 ありがとう。

観戦後、ゴルフ場へ。
IMG_1637_convert_20170322151450.jpg

IMG_1634_convert_20170322151358.jpg

これが2位の商品でした。
IMG_1638_convert_20170322151433.jpg


小鰺仕掛けで大鯛が釣れた気分!



その後、町内の友人から「祝!新聞に載ってた。」とメール。
新聞を確認、ハンデキャップ(34.8)も当然載っていた。

「恥ずかしい!」



頭脳変換不可故にスウイング改善の練習に励むしかない。


春の朝

太陽いろいろ


間延びし過ぎになりそうなので・・・一寸だけ。

19日(日)は水田地帯の当地恒例の作業の行われる日。
水稲生産組合による用水路に堆積した砂泥やごみ類を
水路外に搬出する作業の日。

午後は所要があり、午前中のみ参加することに。

6時半過ぎに起床し、空模様に目を向けてみた。
DSCF3412_convert_20170320130715.jpg
遠景では上のとおりだが肉眼ではもっと赤く異様に見えた。

望遠での写真。
DSCF3410_convert_20170320130654.jpg
南洋の国の国旗にあったような・・・。

8時頃には既にいつもの日差しに戻ってはいたが
作業の休憩中の話題では先輩の一人も非常に珍しいと。

「太陽」といえば、フランス映画アラン・ドロン主演の
「太陽は一人ぼっち」や

エンゲルベルト・フンパーディンクの「太陽は燃えている」
を連想した。

随分昔の「太陽」。

明日は春の太陽の下でゴルフを楽しみたいところだが・・・
現時点での予報では「顔」を見せてくれそうにない。
何とか「曇り」で納まってくれるよう祈るしかありません。

短期と長期

足音と槌音のこと

自分には無関係の金利のことでは当然ありません。

先ずは足音の方から
008_convert_20170224204652.jpg
2月4日時点の南加賀地区から望む白山、手前は梯川。

015_convert_20170224204718.jpg
2月19日時点の手取川中流上部の手取峡谷(河岸段丘)。

石川でも山間部にはまだ積雪があり、平野部でも朝起きると
屋根が白くなっていることが時々。

しかしながら、間違いなく「春の足音」は近づいている。
鈍感なダラじいでもこれだけは断言できる。



さて、槌音は
028_convert_20170224204936.jpg
今日の撮影ですが鮮明さに欠け、わかりづらいかも・・・。

027_convert_20170224204911.jpg
もう少し広角の一枚。
手取川下流の左岸堤防上から北東方向の工事現場。

続きです。
025_convert_20170224204855.jpg

023_convert_20170224204813.jpg

018_convert_20170224204743.jpg

続いて同堤防から南西方向の1枚。
029_convert_20170224204957.jpg

一昨年春、長野~金沢間の北陸新幹線が開通して以来、観光客
も増加し、石川を訪ねるTVの旅番組なども多くなった。

各分野から金沢以西の福井更に京都or大阪の大都市直結へと
大きな期待が寄せられている中の線路延伸工事の様子です。

実は、ダラじいは北陸新幹線にまだ乗る機会がありません。
ましてや、現在工事中の路線上の新幹線にはまず乗らない?
否、乗ろうと思っても県内の用地買収も100%に至ってない
というのに「乗れない」という表現がふさわしいのかも。
古希を迎えたダラじいですから。

明日は同学年25名だった中学の同窓生の7~8名で食事会、
皆それぞれに無意識の中にも残りの期間が気になるからか
卒業以来還暦を過ぎてから久々に再開する友もいるが年に
数回は顔を合わせている。
アルコールを口にしない友が参加者を送り迎えしてくれる。
感謝しながら明日も昔を肴に美味しいお酒を頂きます。

3Kg超

冬眠の成果?・・・とほほ。


正月元旦のアップから長く冬眠してしまった。

今冬積雪量は至って少ないが2月になって雪のちらつく
日が多くなった。
今朝もふわふわの雪が5Cm弱、朝食後陽が射したので
寒さをこらえて外へ出た。

お隣の山茶花も終盤になったが淡雪を冠る残花も良い。
IMG_1624_convert_20170214083903.jpg

畑の様子を見に行く。
IMG_1633_convert_20170214084105.jpg

IMG_1626_convert_20170214083931.jpg
スナップえんどうの小ビニールトンネルです。

IMG_1628_convert_20170214083954.jpg
昨年暮れに出てきた芽の大半が茎を食切る蛾の幼虫の餌食に
なり再度撒いて芽が出たのが何本かと雑草。


IMG_1630_convert_20170214084017.jpg
何を撮ったかわからないような1枚。

IMG_1632_convert_20170214084037.jpg
実は、苗の2割くらいは消滅してしまったが玉ねぎの畝。

それにしても植物の生命力は強いと改めて実感。

反面、ダラじいはと言えば・・・。
先日町内の医院へ血圧の薬を頂きに行ったときのこと。
いつもの型どおりの診察の最後に体重計へ。

何と70Kg


冬眠前から3Kg以上も増えてしまった

釣果の報告なら良かったのにィ・・・。