スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味の追求


石焼き装置?作成と試し焼



先日試し掘りした安納蜜芋のより美味しい味わい方の
追求を目差し、ネット上からの装置自作の先例を参考
にしながら挑戦してみた。

先ずは材料を
IMG_2044_convert_20170917192058.jpg
納屋に眠っていたオイル缶、と不要になった鉄なべ、
中央の小砂利は海辺の砂浜から頂いて来たもの、
カマドの底に置く四徳と金網は百均から。

先ずはグラインダーでかまどの火口を開ける。
IMG_2053_convert_20170917192120.jpg
カマドの上部と鍋の下部とに隙間がある方が良いと
思い、番線を咬ますことに。

鍋を置いてみる。
IMG_2055_convert_20170917192139.jpg

木片を入れて着火を試みると勢いよく燃え上がる。
IMG_2056_convert_20170917192157.jpg

その後、洗浄した小砂利と食用オイルを入れた鍋
を掛けて芋を埋めようとするが芋が大きすぎた。
IMG_2057_convert_20170917192221.jpg
仕方なくアルミホイールを被せ蓋をすることにした。

少々燃料の木片を追加しつつ約1時間半後、竹串で
芋を刺しみたところ大きな抵抗がなく焼けた様子。
余熱をと数十分経た後に試食してみた。

やはり熟成が足りないのか甘さは幾分控え目ながら
しっとり感は十分。

次回は木炭の火力で美味追求を目差してみなければ
と近くのホームセンターへ向かうのは即断だった。


スポンサーサイト

品種変更

今年は安納蜜芋


数年続けていた紫芋も孫娘は好んで食べていたが
今年は異なる品種に挑戦してみた。

「しっとり食感と蜜のような甘み」が特徴という。
元気の良さそうな芋苗だったが20本の半数以上が
植え付け後暫くで枯れてしまった今年。

残りはどうかなととにかく掘ってみた。
IMG_2043_convert_20170914150754.jpg

育てた人に似たのか太り過ぎのものもあったが写真
上部のごとく鈴なりの株も…あとは味だが・・・。

2~3週間経ってからが食べ頃という。
待ち遠しい!



秋の味覚

葡萄(藤稔)の収穫を自然に感謝!


8月終盤から早めに色づいた房を少しづつ収穫。
植え付けから3年位での初収獲でとにかく嬉しい。
販売されているのと比べるとやや赤みがある。

IMG_1997_convert_20170906191644.jpg

今日収穫した房は完熟に近づいたのか少し色濃い。
来年もどうぞよろしくと神棚へお供えしてみた。

全10房余りでお裾分けも少しでき、残りはもう数房
になったが自然の恵みに感謝するばかり。
大粒を頬ばると甘酸っぱさが口いっぱいに広がる。 

御馳走様でした。 

春から秋へ

長期休暇中の出来事

持ち前の怠け癖で気が付けば
春から夏を飛び越えて秋になったかな?

今年は夏前から暑い日々が続いたかと思えば
何時梅雨入りしたのか、何時梅雨明けしたのか
わからないばかりでなく、お盆を過ぎて秋らしく
なるのかと思いきや、すっきりしない日々が続く。

長期休暇と言っても、孫のお守りや合間を縫って
畑の管理に下手くそゴルフ、釣りは一回だけだった
が漁師船での鯵釣りとそこそこに活動。

畑では6月に玉葱やジャガイモを収穫。
その後、余所の畑と比較すると貧弱ながら胡瓜
や茄子、トマトもそこそこに。

葡萄棚の様子。
IMG_1872_convert_20170820122347.jpg
今年は待望の初収獲なるか?


7月9日、町内のゴルフ仲間とのラウンドを終え
帰宅すると畑の周辺に人だかりが・・・。

嘘だろうと言いたい「魔の事態」。
写真は水が引いた後の物だが、畑横の農業用水路
が県道の下で7~8m位暗渠になっている。
上流で借り倒した大きな雑草やごみが暗渠部で
詰まって、あふれた用水が家の畑だけを襲った。
IMG_1879_convert_20170820122714.jpg
画面に見える草などの4~5倍の量が詰まっていた。

水路を管理している水稲生産組合の方々の奮闘で
何とか数時間で水路は開通したが畑は半日近く
冠水していたかも。
IMG_1881_convert_20170820122736.jpg
排水升の上の黄色い桶の下から3分の1位まで冠水。
中央のトマトの畝の左に西瓜を植えていたが水が
引いた後の蔓は泥水に浸かっていたのがわかった。

そんなことで西瓜は例年より早く蔓枯れした。

大きな草木を上流で流した人に対する怒りは抑えられ
ないが・・・・どこにもぶつける所なし。


気持ちの切り替えに・・・
家の周りで見つけた糸トンボを撮る。
IMG_1933_convert_20170820123007.jpg

IMG_1952_convert_20170820122943.jpg

DSCF3429_convert_20170820122838.jpg

DSCF3432_convert_20170820122907.jpg
農薬などにより蛍を見かけることなどなくなったが
トンボや蝉などはまだ大丈夫なようだ。


そして今日の畑へ。
3年前に植えた葡萄(藤稔)とネクタリン。
IMG_1982_convert_20170820123044.jpg

IMG_1984_convert_20170820123111.jpg
ネクタリンはかなり虫の害に遭ったがもうしばらくで
何個かは収獲できそう。


良くないことは水に流れ去ってくれるよう願いつつ・・・・・。



とび賞

当りが続いた!

月曜日、高校のクラスメイトで定年後頻繁にゴルフを
するようになった友人からの誘いがあり、昨日23日
は急遽のゴルフとなった。

火曜日は昼食付きでラウンド料金も比較的安価な
設定となっている。
また、先に景品を頂いたのと同様でスポンサー杯が
設定されていて今回も参加した。

スコアの方は100はかろうじて切ったものの順位の
方はダブルぺリアながら、参加115名中の90位と
いう結果。

この順位は昨日の夕方にゴルフ場からの電話で
知ったのだが、とび賞の景品があるとの知らせ。

今日の午後出向いて頂いて来た。
IMG_1809_convert_20170524221313.jpg


とにかく当たったことは喜ぶべきでしょう。

そういえば日曜日の釣りの帰り、船が漁港に入ろうと
する直前、その辺りでは初めての光景だったが一匹
のトビウオが海面の上を10m位飛んだのを目の前
で見かけたのを思い出した。

とび賞の暗示だったのか???!


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。